2009年09月23日

大依羅神社 3回目 建豊波豆羅和気王

今日は大依羅神社の主祭神である建豊波豆羅和気王(武豊葉列別命・武歯頬命)(たけとよはずらわけのきみ)について。
とは言っても一般的に言われていることしか分からず、そんなに詳しくないのですが、まず、第9代開化天皇の第4皇子で、皇后ではなく、皇妃であるワシヒメという人との子。
皇后である伊香色謎命(いかがしこめのみこと)の子は崇神天皇なので、崇神天皇の弟ということになります。
また、
道守臣(ちもりのおみ)、
忍海部造(おしぬみべのみやつこ)、
御名部造(みなべのみやつこ)、
稲羽忍海部(いなばのおしぬみべ)、
丹波之竹野別(たにはのたかののわけ)、
依羅吾彦(よさみのあびこ)等の祖ということなんですね。
Web検索では開化天皇や、大依羅神社、依羅吾彦絡みのページばかりがヒットしますので、それ以外の詳しいことは多分あまり語られておらず、詳しい方もほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。
で、とりあえず簡単な系図を作ってみました。
下記の図です。(クリックで画像が拡大します)

開化天皇〜建豊波豆羅和気王〜依羅吾彦

いつの頃からかは分かりませんが、昔この地に依羅吾彦という豪族が住んでいました。
その中の依羅吾彦男垂見(よさみのあびこおたるみ)という人が自分の祖神である建豊波豆羅和気王を祀ったのが始まりであると言います。
「依羅吾彦という豪族がどうしたこうした」ということは色々言われていますが、「建豊波豆羅和気王がどうしたこうした」というのはあまり聞きません。
どういう人だったのでしょうか?
ご存知の方、見てたらコメント下さい。(^^)
またこの系図で、仲哀天皇や神功皇后、依羅吾彦が、一番上の開化天皇を元に繋がっていることが面白いです。
posted by 湯屋 浸 at 18:17| Comment(0) | 大依羅神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

住吉大社の反橋が無い!

大げさなタイトルですが、住吉大社の反橋(通称太鼓橋)がありません。
見てビックリしました。

反橋工事07

そう、上の写真を見てわかるように只今工事中なのです。
これは最近老朽化が進んでいることが分かって補修工事をしているのだそうです。
石の柱が歪んでたり、割れてたり。
それは大変です。
早く修理してもらわなくては恐くて渡れません。
川端康成さんが言った反橋の詩、「反橋は上るよりもおりる方がこはいものです。私は母に抱かれておりました」とはまた違った恐さです。
この修理は平成23年の遷宮事業の一環として行われていて、今年の11月中には完成し、12月にはまた渡れるようになるとのこと。

遷宮やその他詳しいことは住吉大社のサイトで。
住吉大社
http://www.sumiyoshitaisha.net/

反橋
長さ約20m、高さ約3.6m、幅約5.5mで、最大傾斜は約48度。
この渡るだけで「おはらい」になると言われている反橋、起源は不明ですが、鎌倉時代の記録で「曽利橋」(諸神事次第記)と出てくるそうですので少なくともその頃からあったもの。
また、はっきりした時期は不明ですが、その後慶長期(1596年〜1615年)の間に淀殿(豊臣秀吉の側室の茶々)が、その子秀頼の成長祈願の為、従来あった橋を架け替えて奉納したものだと伝えられています。
現在の反橋の石柱の部分はその頃のものだそうです。
で、前回は昭和30年に渡初式が行われているそうなので、54年ぶりの全面改修になりますね。
すごいです。
昭和36年に遷宮があったので、多分それに間に合わせるようにされたのでしょう。
そして今回はその石柱の部分は補修のみで、ちゃんと残してくれるとのこと。
新しくなったらまた渡りに行こうっと!

たまたま通りかかったら反橋に足場というか柵がかけられていたので、それから何日か通って写真を撮りました。

反橋に柵がかけられ
反橋工事01
反橋工事02
反橋工事03

緑の幕で覆われて
反橋工事04
反橋工事05

床が無くなり
反橋工事06

欄干が撤去されました。
もうこれ以上ばらばらにはならないそうです。
反橋工事07
反橋工事08

下記はライトアップのおまけ画像。
う〜ん、ライトアップの意味がない!(笑)
反橋工事09
反橋工事10
posted by 湯屋 浸 at 21:28| Comment(0) | 依羅や我孫子、住吉のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

参考文献や参考サイト

我孫子(依羅)のことやその周辺について調べるのにやはり参考文献や参考サイトがあります。
一応手持ちの資料としては「依羅郷土史」「大依羅神社誌」「THE アビコ」「大阪府の歴史」「大阪市の歴史」「ふるさとあびこ」「住吉村誌」「住吉名勝図会」「攝津名所図会大成」などがありますが、すべて熟読した訳ではなく、どちらかと言うと必要な時にチラッと読む程度で、また読んでも忘れていることが多く、ついついネットで調べて済ませてしまいます。
元々お勉強が嫌いだったので文献を熟読するのが辛いんです。(笑)
結局ネットサーフィンとやらで情報を集めることが多くなります。
で、今後そういったお世話になっているサイトをこのブログのブックマーク(リンク集)に登録していきたいと思います。
勝手に登録していきますので、ご迷惑な場合はコメント下さい。
ではでは。
posted by 湯屋 浸 at 20:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。