2010年11月17日

松竹新喜劇 藤山寛美 お種と仙太郎

松竹新喜劇の藤山寛美の作品で「お種と仙太郎」というのがあります。
住吉神社境内で茶屋を営む姑(藤山寛美)と息子夫婦。
そこで繰り広げられる嫁いびり。
舞台の背景には太鼓橋が。
住吉踊りの笠を土産に持った参拝者も登場します。
私が特に目がとまったのは「住吉名物やき蛤」の看板。
下のYouTubeでは確認しにくいと思いますが、舞台向かって左側、住吉神社のハッピを着た人の後ろ側の看板。
30秒から43秒の間に映っています。
蛤は話に聞くだけで、今はもうそんなの売ってないですよね。
住吉大社好きとしては持っておきたかった作品。

松竹新喜劇 藤山寛美 お種と仙太郎 [DVD]
松竹新喜劇 藤山寛美 お種と仙太郎 [DVD]


posted by 湯屋 浸 at 18:40| Comment(0) | 依羅や我孫子、住吉のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。