2009年12月01日

住吉大社の反橋(太鼓橋)完成!

以前「住吉大社の反橋が無い!」というタイトルで住吉大社の反橋、通称太鼓橋が工事中であることを記事にしましたが、どうやらそれが完成した模様です。
今回の記事も前回同様完成を、順を追って撮影してきました。
「あたしゃ、よほどの暇人だな」とつくづく思います。(笑)

前回は反橋の床や欄干が撤去され、丸裸になったところまででしたので、今回はそこから完成までの写真です。
まずアーチ型の鉄の部分や石柱がきれいに洗浄され、アーチ型の鉄の部分には赤い塗料(おそらくサビ止め)が塗られ、欄干が設置されました。
シルバーの欄干がカッコイイ!

欄干がシルバーの反橋

で、欄干が朱色に塗られ、今度はアーチ型の鉄の部分がシルバーに塗られています。

欄干が朱色に塗られ

次に床が設置されましたが、よく見ると床の端がまだ凸凹で

床の端が不揃い

反橋の反対側しか切り揃えられていません。

床設置

それからひと月後に行ってみたら緑の幕がとられて擬宝珠(ギボシ)が取り付けられていました。
そう、これで恐らく完成のはずです。

ギボシ設置

さらに約一週間後に行ってみると無事柵も取られ、そこには以前にも増して美しい反橋の姿がありました。
ライトアップも無事復活して美しい姿です!

反橋(太鼓橋)完成

反橋(太鼓橋)ライトアップ

12/6には反橋渡初式があるそうなので、皆さん行ってみましょ!

そして今回のおまけ画像は、「ちょっと怖い反橋」(^^)

夜の反橋工事中

最後に今回たまたまギボシ(擬宝珠)の由来についてのサイトを見つけましたのでご紹介させて頂きます。

ギボシって下の写真のこの部分です。
ギボシ

ウィキペディアにも同じようなことが載っていますが、こちらの方が、より詳しく教えてくれています。

サイトの管理人さんであるチューさんという方の言葉をそのまま借りると、「擬宝珠は仏教の宝珠由来ではなく、葱帽子(ぎぼうし)から始まり、あとで今の字が当てられた」ということだそうで、特に「ネギの匂いが嫌われたのは日本に仏教が入ってきて盛んになってからだ」というのは為になりました。
ネギは元々魔除けとしての役割があったんですね。
posted by 湯屋 浸 at 18:50| Comment(0) | 依羅や我孫子、住吉のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。