2010年01月09日

苅田橋

昨年の11月、CMが懐かしい万代百貨店(百貨店と言ってもいわゆるデパートではない)

万代百貨店

の辺りをウロチョロしていたら「苅田橋」という碑を見つけました。
橋自体はもう有りません。
側面をよく見ると「昭和5年改築」とあります。

苅田橋石碑

地元の人に訊くと昔は小さな細い用水路があったと言います。
きっと農業用の水路で、橋は当然それをまたぐ橋。
用水路が細いと言うことは恐らく橋も小さいものだったのでしょう。
手持ちの国土地理院の昭和4年の地図を見ると依羅池から直接引かれているものではなく、これも農業用だと思いますが近くの小さな池から引かれています。

クリックで拡大します。
苅田橋地図

しかしながら橋に村の名前を付けて、未だに碑だけでも残してあるというのは、小さいとはいえ、当時苅田村の人にとっては非常に重要な用水路だったんだろうと想像がつきます。
何時頃まであった橋なんでしょうか?

追伸、
本文には全く関係ないのですが、この日チンドン屋さんに出くわしました。
懐かしかったです。(^^)

チンドン屋
posted by 湯屋 浸 at 17:58| Comment(5) | 依羅や我孫子、住吉のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
苅田橋前の鳥居釣師です。
家内の両親に聞いてもパッとした回答を得れず
家内の祖母(98歳)に聞いたら分かるんでしょうが
恍惚の人の為、的を得た回答は難しい。
近所の年配者に機会があったら聞いときます。
万代百貨店はウチの食糧庫です。長男が高校生の時にバイトしてました。
Posted by 鳥居釣師 at 2010年01月10日 14:06
鳥居釣師さん、
ありがとうございます。
苅田橋はきっと忘れ去られる一歩手前の状態ですね。
奇跡的に写真なんかがあると大喜びするんですが。。。
Posted by 湯屋浸 at 2010年01月10日 18:28
苅田橋のすぐそばにお住まいの方にお話をお伺いすると、
件の水路は昭和30年くらいまではあったとおっしゃっていました。
もっとも、はっきり覚えているわけではないともおっしゃっていました。
なので、あくまで参考情報ということで。

証言が正しいとすれば、
府営苅田北住宅の建設期(昭和32〜33)に、
埋められてしまったのかもしれませんね。

この件については、私も興味を持っておりますので、
ひきつづき調べてみたいと思います。
Posted by oriono at 2010年08月06日 08:02
orionoさん、
貴重な情報ありがとうございます。

> 府営苅田北住宅の建設期(昭和32〜33)に、
埋められてしまったのかもしれませんね。

やはり昭和30年代にガラッと変わったんですね。
35年には地下鉄(我孫子駅)も来ましたしね。
決して悪いことだとは思ってませんが。
Posted by 湯屋 浸 at 2010年08月06日 10:52
苅田橋、国土地理院の空中写真を見てみたのですが、1947年に米軍が撮影した物でも用水路どころか水源となっている池さえも確認出来ません。この橋がお役御免となったのは本当にいつなんでしょう?残っている親柱に聞いてみたい気分です。
Posted by よさみのみやけ at 2013年10月10日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。