2010年03月13日

美農里幼稚園

「依羅郷土史」によると大正14年4月(ホームページでは大正15年)から、85年間続けてこられた美農里(みのり)幼稚園が、今月(平成22年3月)いっぱいで閉園されます。
帝塚山学院幼稚園の大正7年にはおよびませんが、依羅地区では一番最初に出来た歴史ある幼稚園です。
よさみ幼稚園(私立)の設立が戦後の昭和28年10月だそうですから、かなり早いですね。

美農里幼稚園は母体が金林寺さんで幼稚園はお寺に隣接しています。
金林寺と言えば前回寺子屋の記事で書きましたが、明治7年から明治19年まで12年間、小学校教育に力を注がれたお寺です。

金林寺
金林寺の御門には美農里幼稚園の表札もあがっています。

金林寺と美農里幼稚園
金林寺の向こうに見えるのが美農里幼稚園。
大きな楠木が見えます。

美農里幼稚園

美農里幼稚園

美農里幼稚園

美農里幼稚園 裏手
美農里幼稚園の裏側

美農里幼稚園 掲示板
写真の掲示板にあるように、3月27日が本当におわかれ会になると思うと込み上げてくるものがあります。
この写真を撮りに行った日も園児たちの楽しそうな歌声が聞こえていました。

以下の文章と写真は美農里幼稚園さんのホームページより
http://www.ans.co.jp/k/minori/index.html
(無断で掲載及び拝借^^;;;)

当園の保育は、一人一人を大切にする個性教育が主流です。
遊びを重視して、子供達の意欲をそそる様な雰囲気作りに心掛け、充分に楽しませる力を発揮できるように、保育を進めていきます。
大きな楠木、銀杏の木のあるすばらしい庭で四季を通して緑や黄色の自然の中で、子供達はのびのびと遊んでいます。

美農里幼稚園 園児たち

美農里幼稚園 園児たち

美農里幼稚園 園児たち

楽しそうでイキイキとした園児たちの写真。
posted by 湯屋 浸 at 10:34| Comment(0) | 依羅や我孫子、住吉のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。