2010年04月17日

大依羅神社 9回目 道祖神社(どうそじんじゃ)

草津大歳神社同様、昔は苅田村にあり、今は大依羅神社に合祀されている神社。
ただ、こちらは草津大歳神社同様と言っても御本殿への相殿ではなく、末社となっています。

大依羅神社末社 道祖神社

御祭神は
久那斗(くなど)大神
八衢比古(やちまたひこ)大神
八衢比売(やちまたひめ)大神

元々の御鎮座や、具体的な場所は不明。

この3柱の神は、道祖神として集落や村の入り口、境界線、道路の分岐点などに祀られ、悪霊・邪霊・その他(疫病や自然災害)の災いが、その村に侵入するのを防いでくれるとされる神。
行く道を示してくれる交通の神でもあります。
そのことを考えると通常は村の境界や辻などにあるのが一般的な為、草津大歳神社内にあったとも考えにくいと、勝手に思っています。
元々何処にあったのかは私が知りたい。(笑)
posted by 湯屋 浸 at 19:55| Comment(2) | 大依羅神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わが村 苅田町の産土神 道祖神社。今でもよく見かれる道祖神の合祀社のようなものだったんでしょうか。で、ここはパワースポットですか?(笑)
Posted by 鳥居釣師 at 2010年04月19日 00:07
この神社は全体的にかなり雰囲気がありますよね。
パワースポットと言うか、癒しスポットですね。(^^)
Posted by 湯屋 浸 at 2010年05月03日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。